名古屋の結婚式にかかる費用の大体の相場

名古屋の結婚式と言ったら、とにかく派手、大勢のゲストを招いて盛大に、お金をかけて行う、というイメージを持っている人は少ないでしょう。そしてもしそれが自分の立場だったら、本当に無事に式を行うことができるのかと不安に思う人もいるはずです。確かに、昔からのしきたりを調べてみると、この地方の結婚式には皆が抱くイメージ通りの式が好んで行われてきたことが分かります。花嫁や花婿を送り出すとなると、家が傾くなどと揶揄されることもあったようです。しかし、昔と今では結婚に対する考え方や式の規模や予算にも少しずつ変化が表れており、自分たちの身の丈に合った無理のない式を挙げる新郎新婦も増えてきているのです。ですから、漠然と大きな不安を感じることはないといえるでしょう。

式にかかるお金の相場は平均並み

調査方法や時期にもよりますが、結婚式にかけるお金の相場を見てみると、全国平均が324万円前後、首都圏で356万円前後となっています。そんな中、名古屋の結婚式にかけるお金の相場を見てみると約337万円前後となっています。とにかく派手でお金をかけているイメージがある分思ったよりも金額が少なくて驚きですね。昔のように高額のお金をかけた式を行うカップルもいるようですが、近年では自分たちの予算に応じて無理のない範囲で式をあげるカップルも増えてきているからでしょう。ですが、年配の方の中には昔ながらの派手な式にこだわる人もいますから、無理のない範囲での式をしようと考えているならば、両親ともしっかり話し合っておくと余計なトラブルも少なくなると言えるでしょう。

式にかけるお金は平均的だが、おもてなしは手厚い傾向も

このように、式にかけるお金の相場を見てみると、自分たちの無理のない範囲での式をするカップルが近年では増えてきているようです。しかし、一方で当日招くゲスト一人当たりにかけるお金を見てみると高くなっているという調査結果もあります。一般的に結婚祝いのお返しは半額前後と考えられることが多いですが、名古屋では8割から9割返すということもあるようです。ですから当日の披露宴の食事のグレードを上げて豪華にしたり、引き出物の品数や金額が高めになったりするようです。名古屋では、特に年配の方を中心に引き出物はとにかく品数が多く、大きいほど良いととらえられることがあります。近年ではカタログギフトを中心にコンパクト化していくのが人気なようですが、これが逆効果になってしまうこともあるので気を付けておきたいですね。